>  > 【プロジェクトミュー】RACING-N+(レーシング・エヌ プラス) マツダ AZ ワゴン AZ WAGON用 CY21S(TURBO)系 フロントブレーキパッド 品番:F883

【プロジェクトミュー】RACING-N+(レーシング・エヌ プラス) マツダ AZ ワゴン AZ WAGON用 CY21S(TURBO)系 フロントブレーキパッド 品番:F883

HOME > 連載・エッセイ > 河野有理「〈日本の夜〉の機微 ——その断絶と連続について」

【プロジェクトミュー】RACING-N+(レーシング・エヌ プラス) マツダ AZ [ブレーキパッド] ワゴン 64180-10V00 AZ WAGON用 CY21S(TURBO)系 フロントブレーキパッド 品番:F883

 谷口功一編『日本の夜の公共圏——スナック研究序説』(白水社、二〇一七年)に載せるために拙稿を執筆中 、とある優秀な政治史研究者から小高正志『夜に蠢く政治家たち』(エール出版社、一九八一年)という本の存在を教えてもらった。タイトルから察しがつくようにある種の暴露本で、惹句には「東京赤坂・某高級料亭・玄関番の極秘メモ」「政治家・財界人・高級官僚が実名で登場」とある。他の史料と突き合わせてきちんと「裏を取った」わけではないので AP ブレーキパッド フロント アルファロメオ 166 2.5 V6 24V/3.0 24V 936A1/936A2/936A11 Brembo 1999年09月~、ここでの記載がどれだけ信頼に値するのかは分からない。細かい事実誤認や勘違いもおそらくあるのであろう。だが、一九七八年の一月から十一月まで赤坂の料亭の「下足番」として著者が見聞きした事実関係が、時系列に沿って淡々と記載されているその内容は煽情的というにはほど遠く、そのことがかえって本書の史料的価値を高めているように思われる。憶測を交えることなく、あくまで著者の見聞した範囲にとどまる簡潔な筆致は、その基本的な生態系——与党政治家たち(若き日の森喜朗、福田康夫、在りし日の現首相の父親の登場が目を引く)、

、大蔵官僚や外務官僚たち、マスコミ関係者、財界の要人たち、そして時には労組幹部や野党政治家——について、あるいはその〈権力の夜館〉の基本的な空間構造——顔を合わせないように配慮された階段の配置、二重の襖に、秘密の小部屋——について、生き生きと描き出すことに成功しているように思われる。
 こうした「夜の国会議事堂」における「うごめき」=政治的社交が、「五五年体制」と呼ばれる自民党一党優位制度を裏から支えていたことは見やすい。長い国会会期、しかも粘着性の高い(法案の通過しにくい)議事進行が要請する「国対政治」。あるいは中選挙区制度における各議員の独立性の高さや ベレッツァ ベーシックα シートカバー ミツビシ デリカD:5 CV5W/CV2W/CV1W 2012年07月~ ベースカラー MI780、自民党総務会における全会一致慣行が要請する「党内調整」。はたまた国鉄解体以前の労使関係やマスコミとの各種調整といったものの必要が、永田町や霞が関からもほど近い赤坂の地を「夜の国会議事堂」にしたのであった。そしてなるほど今から見れば、本書が描き出した一九七八年とはそうした典型的な「日本の政治」のまさに円熟期なのであった。
 時に「料亭政治」などと揶揄されたこの手の「政治」のすがたは、もちろん、特殊戦後日本に限られたものではない。場所は変われど(たとえば新橋)、また呼び名は変われど(たとえば「待合政治」) 保安基準適合品 レカロ 底留め用シートレールマツダ クレフ GE系 AM19タイプ、実質的な意思決定が〈昼の権力の館〉ではなくむしろ〈夜の権力の館〉においてなされているのではないかという疑いは根強い。また、そうした状態を非難する声も断続的に実に明治初期以来 【バタフライシステム】ラグジュアリーダッシュマット ラグジュアリーダッシュマット 【TOYOTA車用】 ブラック プリウス 【30系】、持続している。
 例えば、いわば純粋な〈夜〉の観点とでも言うべきものから、〈昼〉と〈夜〉の曖昧な混淆を非難したのは成島柳北であった。安政年間にはまだ目立たなかった「西海新来之藩士」(『柳橋新誌』初編)が、大手を振るって「宇内之形勢」「政体之得失」(同二編)を激論する場所に成り下がった明治の「柳橋」。柳橋に代わって明治の大官たちが集い勃興する新橋を横目に嘆く柳北が定位するのは潔癖な〈夜の論理〉である。
 あるいはまた、「此頃は芸妓や待合が代議士さんを一番上等のお客にするッてから子」(内田魯庵『社会百面相』、明治三十三年)という現状を、〈昼〉の観点から雄弁に批判したのは例えば徳富蘇峰であった。蘇峰は、明治の顕官における「待合政治」の横行が、専ら革命を目指し「密儀」をめぐらす〈夜〉の行動者としてあった彼らの政治的前半生に由来することを鋭く指摘しつつ、「新日本」たる「明治の清平天地」において「腐敗瓦斯の製造元たる待合茶屋」で政治を「私議」することを厳しく戒める(『単刀直入録』、明治三十一年)。革命は成就し、彼らの〈夜〉は終わった。〈昼〉の存在にふさわしい行動様式を改めて身に着けるべきだ、というのである。
 〈夜〉と〈昼〉の両方の論理から挟撃された「待合政治」を正面から擁護する声は少ない。戦後の大野伴睦の居直ったような自伝を除けば、岡崎邦輔の言と伝わる以下のボヤキくらいだろうか。

 君たちはよく待合政治家がドウだとかコウだとか攻撃するけれども MANARAY SPORT/VERTEC ONE Longbeak アルミホイール 1本 バレーノ 32S/42S 【16×6.0J 4-100 INSET43 メタブラ/UC】、政治上の紛糾した問題を解決しようとするには、どうしてもアレが必要なんだ。テーブルで洋食が出される場所に行くと…解決どころか益々紛糾するのだ……(それが待合で)芸者たちが出てくるようになってくると「もう野暮な理屈なんておよしになったら……」と肩でも叩かれたりすると、すっかり弱くなってきて……(木舎幾三郎『戦前戦後』、昭和三十一年)

 とはいえ、「待合政治」の伝統を滅ぼしたのは言論の力というわけではなかった。『夜に蠢く政治家たち』の終わり近く一人の奇妙な男が現れる。江副浩正である。この時点では知る由もないが、この料亭遊びに遂に慣れなかった男がその後まい進する従来とは異質な政界工作(リクルート事件)によって、自民党政治はいったん終焉を迎えることになる。そして政治や政党をめぐる法制度は激変し、自民党は復活しても、「待合政治」はほぼ跡を絶つことになった。政権交代の際、民主党の政治家が大衆居酒屋や中華料理屋で気炎を上げたのも記憶に新しい。
 中選挙区制や「五五年体制」を郷愁する人でも「待合政治」復活を正面から主張する人はいないだろう。また、ジェンダー的な観点からは無論もはや望ましくもなかろう。だが、政治が「待合政治」がその機能を果たしていたような非公式の社交回路を必要としていないかどうかは、また別の問題だろう。中華料理屋に居酒屋、

【プロジェクトミュー】RACING-N+(レーシング・エヌ プラス) マツダ AZ ワゴン AZ WAGON用 CY21S(TURBO)系 フロントブレーキパッド 品番:F883

、あるいはインターネットに携帯メールはこうした需要を本当に充たすのだろうか。それはわれわれの問題である。
(首都大学東京法学部教授)

ジャンル

シリーズ

{yahoojp} {hakusuisha.co.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-67841