>  > ミシュラン X-ICE XI3+ スリープラス エックスアイス スタッドレス スタッドレスタイヤ 245/45R17 阿部商会 MAK STADT スタッド ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7.5(NEW) +45 5穴 112

プロジェクトμ タイプHC+ フロント左右セット ブレーキパッド アリオン NZT240 F129 プロジェクトミュー プロミュー プロμ TYPE HC+ ブレーキパット【店頭受取対応商品】

Project μ プロジェクトミュー ブレーキパッド RACING999 リア レガシィツーリングワゴン BG5(GT)

Projectμ プロジェクトミュー HC-CS Z421a ストリートスポーツブレーキパッド リア用左右セット 主な適合:BMW 等 リニアなコントロール性。サーキット対応スポーツパッド!

 

事業領域TOP

IR情報TOP

トピックス

ミシュラン X-ICE XI3+ スリープラス エックスアイス スタッドレス スタッドレスタイヤ 245/45R17 阿部商会 MAK STADT スタッド ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7.5(NEW) +45 5穴 112

前編:高齢者へのセラピー効果が期待されるメンタルコミットロボット「パロ」とは?【前編】

2017.03.27

ミシュラン X-ICE XI3+ スリープラス エックスアイス スタッドレス スタッドレスタイヤ 245/45R17 阿部商会 MAK STADT スタッド ホイールセット 4本 17インチ MONO 17 X 7.5(NEW) +45 オールワン 5穴 112

+45 MAK スリープラス エックスアイス 112 スタッドレスタイヤ +45 4本 スタッドレス スタッド 17 ホイールセット 17インチ 5穴 XI3+ 阿部商会 17インチ 7.5(NEW) X ミシュラン X-ICE 245/45R17 STADT

デンマークでは2006年から2008年にかけて在宅認知症高齢者のケアのための機器や技術を実証・臨床評価する国家プロジェクト「Be Safe」が実施されました。

評価基準は以下の4つ

  1. (1)録画映像により言語と非言語によるコミュニケーションを分析。
  2. (2)心理的・社会的価値に基づく個々の反応や状態を観察・評価。
  3. (3)身内の人や介護者に対する集中グループインタビュー。
  4. (4)パロとの触れ合いの長さ、頻度、そのセラピー効果などのデータ。

認知症センターでは、認知症高齢者個々人の尊厳やウェル・ビーイング(※)を維持することに焦点を当てています。パロの利用は、そうした価値、態度、実践に寄与するものと評価されました。

また、パロは、介護者をロボットに置き換えるものではなく、介護者の持つスキルを支援するものとして位置づけられました。こうした評価をもとに、パロは、デンマーク技術研究所(DTI)を窓口として、デンマークの約80%の地方自治体で各種施設に公的導入され、現在、300体以上のパロが活用されています。

デンマークのパロのユーザ会議の様子

  • ※1946年の世界保健機関(WHO)の草案がもとになった言葉。現代的ソーシャルサービスの達成目標として、個人の権利や自己実現が保障され、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する。
  • ※ 出典:国立研究開発法人産業技術総合研究所等により開催第1回「アザラシ型ロボット・パロによるロボット・セラピー研究会」抄録集 4-17ページ

事例2・アメリカFDAが医療機器として承認

米国では、パロは、2009年にFDA(食品医薬品局)から医療機器として承認されています。ここではペンシルバニア州ピッツバーグにある2つのナーシング・ホームで行われた臨床試験を紹介します。

被験者は28名。すべての被験者は認知症で、その多くがうつ病です。また、暴言や虐待的な行動、社会的に不適切または破壊的な行動が見られました。臨床試験期間は、パロを導入する前と後のそれぞれ3ヵ月間。その結果は、「うつ」は13人から6人に減少し、暴れる・叫ぶなどの行動は20人から10人に減少しました。

うつの改善や暴れるなどの行動の抑制には薬が利用されるケースもありますが、パロの導入によりそうしたケースが減少したという報告もあります。

米国ピッツバーグのナーシング・ホームでのパロと認知症高齢者達との触れ合い

パロ導入前後の比較グラフ(第1回P15)
米国のナーシング・ホームでのパロによる認知症高齢者の「うつ」と「暴れる・叫ぶなどの行動」の人数(合計人数28 名)パロ導入前(2010 年第1四半期)と導入後(第2四半期)の比較

※ 出典:国立研究開発法人産業技術総合研究所等により開催第1回「アザラシ型ロボット・パロによるロボット・セラピー研究会」抄録集 4-17ページ

事例3・国内介護者のやる気にもつながる

ショートステイとデイサービスの介護施設「ハートフルとむ(現・カノン調布)」(東京都調布市)では、認知症高齢者の「孤独からの脱却」という役割を託す目的でパロを導入しました。導入にあたっては、「利用者とパロだけにしない。職員との会話のツールとしてパロを活用する」という明確なルールを設けました。

その結果、自分から言葉を発することはなく、険しい表情が続いていた女性は、

、パロと触れ合うことにより、笑顔を見せました。また、滞在中ほぼ徘徊していた男性は、徘徊が消失し、暴言もなくなり、職員と積極的に会話するようになりました。

さらに、こうした利用者の変化を目の当たりにし、介護者のやる気につながったこともパロの影響だと言います。

昭和の部屋をイメージした、懐かしい空間

写真提供:日経BP社

※ 出典:国立研究開発法人産業技術総合研究所等により開催第4回「アザラシ型ロボット・パロによるロボット・セラピー研究会」抄録集 14-17ページ

事例4・被災者ケア被災地に笑顔を届ける

大和ハウス工業は仮設住宅の建設をはじめ、被災地の復興支援を続けています。東日本大震災の被災者の「心のケアに」と、パロを届けているのもそうした支援活動の一環です。

パロを被災地の高齢者や子どもたちに届ける活動は、国立研究開発法人産業技術総合研究所と東北3県の大和ハウス工業の営業担当者の思いから始まりました。避難所での高齢者の方々の窮屈な生活に触れ、「パロで癒やしを提供できないか?」と考え、パロの“出前”を始めたのです。

パロと触れ合うことで、被災者の方たちの表情は豊かに変化していきました。パロは子どもたちにも大人気で、パロを通じてお年寄りと子どもたちとの交流が生まれ、パロの周辺では笑顔が広がりました。

この結果を見て、大和ハウス工業は ディクセル プレーンディスクローターPD ミツビシ ランサーエボリューション CT9A (MR含む) フロント用、50体のパロを2年間無償で貸与することを決定。被災地の高齢者福祉介護施設や仮設住宅内のサポートセンターなどで、被災者の心のケアに役立てられました。

開発者の声── 「人の心を豊かにするロボットが作りたかった」

パロの生みの親である柴田崇徳さん(国立研究開発法人産業技術総合研究所 ブレーキパッド ディクセル ホンダ インテグラ DA6 DA8 DB1 89/4~93/6 DIXCEL RNタイプ リア用 335036、人間情報研究部門上級主任研究員)に、パロ開発のきっかけや今後の展開について話を聞きました。

パロ開発のきっかけ
「人から喜ばれるロボットはないかと考えたことがきっかけです。そして犬や猫などのペットがそういう存在であると気づきました。アニマルセラピーの効果については医学的に実証されていますが、人の心に働く、人の心を豊かにするロボットを作ろうと考えたのです。」
欧米でパロが高く評価される理由
「デンマークでは認知症の高齢者1人にかける社会保障が著しく高く、介護福祉社会における社会コストの低減という観点からもパロを社会システムに組み込むことが重要な政策でもあります。さらに、パロを用いることで、認知症患者の周辺症状を低減し、副作用の問題がある抗精神病薬の投薬を低減できることが高く評価されました。」
自然な動きへの改良を重ねて17年
「現在のパロは初代から数えて9世代目です。より動物に近い自然な振る舞い、より安全で安定があって、信頼性の高いパロへと進化させてきました。キャラクターをタテゴトアザラシの赤ちゃんにしたのは、膝に乗せても、隣に置いても可愛い、気持ちの良いさわり心地、そんな条件にかなったからです。」
今後の展開と方向性
「目下の課題は、セラピー効果をさらに高めるために、対象と目的をより絞り込むこと。認知症や自閉症など症状ごとにスペックをスペシャライズしたパロを作っていければいいなと思っています。」

柴田 崇徳(しばた たかのり)さん

名古屋大学工学部電子機械工学卒業。名古屋大学大学院博士課程電子機械工学専攻修了、博士(工学)。1993年より通商産業省工業技術院機械技術研究所研究官。マサチューセッツ工科大学人工知能研究所研究員、チューリッヒ大学人工知能研究所客員研究員などを経て、2001年より国立研究開発法人産業技術総合研究所主任研究員、2009-10年内閣府政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)付参事官(情報通信担当)付 [品番:52805] グラン(GLANZ) ハードブレーキローター リヤ マツダ(MAZDA) ロードスター NB8C 98/1~00/6、および社会還元加速プロジェクト(在宅医療・介護担当)兼任。2013年より国立研究開発法人産業技術総合研究所上級主任研究員 KENDA ケンダ KOMET PLUS KR23 サマータイヤ 175/65R15 WEDS WedsSport ウェッズ スポーツ SA-20R ホイールセット 4本 15インチ 15 X 6 +38 4穴 100、東京工業大学特定教授、マサチューセッツ工科大学高齢化研究所客員フェロー。

心豊かでサステナブルな高齢社会を目指して

超高齢社会が突きつけている問題は社会コストの負担や介護など若年層にも大きくのしかかってきます。大和ハウス工業はこれらの課題にロボット事業を通じて、医療や介護、福祉分野で高齢者の安心、安全、快適をサポートし 、またQOL(生活の質)の向上をアシストします。

大和ハウス工業が「なぜロボット事業なのか?」そんな疑問を持つ人もいるでしょう。答えの一つは、医療機関や介護施設などの福祉分野で蓄積した長年の経験とノウハウの実績を踏まえ、福祉の分野で「ロボットは高齢者のかけがえのない良きパートナーになれる」と確信したからです。

そしてもう一つの答えは、住まいと暮らしの環境が人の営みの基本であると考えるからです。住まいと暮らしの環境は、時代とともにより安心・安全・快適な環境 DUNLOP ダンロップ エナセーブ プレミアム ENASAVE PREMIUM サマータイヤ 185/60R15 HotStuff 軽量設計!G.speed P-04 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 5.5 +43 4穴 100、そして高いQOLを求めます。ロボットやロボット技術はそのニーズを実現し、可能性を拓くものです。心豊かな暮らしの実現のために技術を結集し、住まいと暮らしをトータルにサポートすること、それが「人・街・暮らしの価値共創グループ」である大和ハウス工業のミッションです。

ロボットが生活動作をアシストする、あるいはロボットが人の心を癒やし和ませる。ロボットに託す大和ハウス工業の願いは、「人とロボットのもっと心豊かな共生」です。老若男女が等しく社会的恩恵を受けられる心豊かなサステナブル社会を、私たちは目指しています。

担当者コメント
パロと触れ合っていただいた際、お客様の笑顔が引き出されると、私も幸せな気分になり、もっと多くの方にパロを届けたいという思いになります。パロはロボットですが、人に寄り添い、人と人とをつなぐことができる、私たちの良きパートナーと成り得るものです。近い将来、パロのような生活支援ロボットが、身近に、ごく当たり前に存在する世の中になるよう、利用普及向けた活動に一層取り組んでいきます。
(大和ハウス工業 ヒューマン・ケア事業推進部ロボット事業推進室 主任 大場奈緒子)

大和ハウス工業のロボット事業 商品ラインナップ

一覧ページ

HAL®介護支援用(腰タイプ)
自立動作を支援し、介護者の腰痛リスクを軽減。
COMUOON®
難聴の方をサポートする“耳につけない”会話支援装置。
免荷式リフト POPO
体重を免荷しながら安全な歩行訓練をサポート。
シルエット見守りセンサ
プライバシーを守りながら、ご利用者の画像を確認できる見守りセンサ。
狭小空間点検ロボット moogle
住宅床下などの点検作業の身体的・精神的負担を軽減。
  • ※「CYBERDYNE」、「ROBOT SUIT」、「ロボットスーツ」、「ROBOT SUIT HAL」、「ロボットスーツHAL」、「Hybrid Assistive Limb」、「HAL」は、CYBERDYNE株式会社の登録商標です。
  • ※「COMUOON」はユニバーサル・サウンドデザイン株式会社の登録商標です。
  • ※「POPO」は株式会社モリトーの登録商標です。
  • ※「シルエット見守りセンサ」はキング通信工業株式会社の登録商標です。
  • ※「moogle」、「モーグル」は、大和ハウス工業株式会社の登録商標です。

「健康」で「生きがい」がある街づくりをめざして

ロボット事業

世界の環境共生住宅

未来へつなぐ、和の心 桜プロジェクト

もっと見る

{yahoojp} {daiwahouse.com}

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-86050